ベランダはハトにとって快適な場所

ベランダにハトが来る理由は、巣作りをしたいからです。ベランダには室外機や植木などの隠れられるものがありますし、雨どいや植木鉢から水を飲むこともできるので、巣作りに向いている場所なのです。そんなハトを撃退する方法を見てみましょう。

ハトの撃退方法を比較する

自分で撃退する

忌避剤や鳥よけグッズを利用して、鳩がベランダなどに近寄らないようにすることができます。しかし、上手く設置出来ないと効果が出ませんし、使用する薬剤によっては人間がアレルギーなどを起こす可能性もあります。

業者に依頼する

ハトを撃退するための専門知識を持っているので、確実に撃退できるでしょう。また、使用する薬剤も体に影響のないものを使用している業者がありますから、相談してみるといいですね。

被害が拡大してからでは遅い!【ハトを撃退しよう】

鳩

縄張りと認識されたら駆除が難しい

最初は休憩するためにベランダに止まっていたハトも、安全な場所だと分かると、そこをねぐらにしたり巣作りの場所にしたりします。そうなると、縄張り意識や帰巣本能が強くなるため、撃退するのが困難になります。だからと言って放置するわけにもいきませんから、一刻も早く専門業者に依頼した方がいいでしょう。

病気を媒介する可能性

ハトは色んな病原菌や感染症を媒介する可能性があります。トキソプラズマ症やヒストプラズマ症、オウム病を発病するかもしれないので、糞や羽根にも十分注意しましょう。糞などを掃除するときには、病原菌を吸い込んでしまわないように、マスクやゴム手袋を忘れずに装着してください。消毒液やエタノールも準備しておきましょう。

鳥獣保護法に注意

日本では鳥獣保護法という法律が定められているため、ハトの撃退をしようとした結果、知らないうちに法律違反になってしまうこともあります。意図的に傷つけたりすることはもちろん、巣や卵を移動させることも法律違反になるのです。法律を熟知して撃退するのは簡単ではありませんから、専門知識を持った業者に依頼した方がいいですね。

ハトによる被害の種類

  • 糞害
  • 病原菌の媒介
  • 騒音被害
  • 食害
  • アレルギーの発症